ビューティ情報『流れる「顔汗」止めるにはこのポーズ! 舞妓さんに聞きました』

2016年5月27日 22:00

流れる「顔汗」止めるにはこのポーズ! 舞妓さんに聞きました

花街式・顔汗防止法。腋の下を親指で押さえ、胸まわりを締め付けるようにしながら、汗止めに効果ありといわれる、乳首から指2~3本上にある“屋翳(おくえい)”のツボを4本指で刺激して。

汗をかく機会も増えるこの時季。汗をかいてしまった後でも、事後ケアをすることで汗によるトラブルやストレスを軽減できるのだとか。皮膚科医・高瀬聡子先生に聞きました。

いくら予防をしていても、不可抗力で汗をかいてしまうことはある。

「全身に汗腺はありますが、特に、頭部、顔、手のひら、足の裏、腋の下、関節部分は汗腺が集中しています。また人によって、汗をかきやすい部位も違います」

その上、汗をかいた後のストレスやトラブルも人それぞれ。汗をかいている姿を見られること自体ストレスになる人には、即効の汗止め対策を伝授。

「汗は放っておけばニオイの原因にもなるし、アンモニアや塩分を含んでいるので肌トラブルの原因にも。いずれも、汗をかいた直後に対応するのが必須です」

汗後の対処法を、おススメアイテムとともにご紹介します。

■ニオイ対策には…発汗後1時間以内に、ウェットシートで除菌消臭。
「ニオイの原因となる細菌が繁殖しだすのは汗をかいた数時間後。発汗後1時間以内に肌を除菌消臭してしまえば、問題なし」。銀含有アパタイト(さらさらパウダー)配合で、汗、べたつき、汚れ、ニオイ菌まで拭き消すシート。エージーデオ24 クリアシャワーシートNa(無香料)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.