ビューティ情報『触れる“官能” 心地よい肌へと導く「ボディケア」アイテム9選』

2021年2月4日 20:10

触れる“官能” 心地よい肌へと導く「ボディケア」アイテム9選

ふと触れた自分の肌や身を包む衣類の触り心地がよいとそれだけで心がリラックスできるもの。そんな質感美肌のつくり方を教えてもらいました。
触れる“官能” 心地よい肌へと導く「ボディケア」アイテム9選


五感の中でも皮膚感覚が司る触覚は、全身で感じることができる分、気持ちに与える影響が大きいと公認心理師の山名裕子さん。

「肌に触れるもの、特に着るものは、質感の心地よさにこだわって選びたいですね。機能はもちろん、好みの質感かどうかも大切にしましょう。それからもうひとつ、自分の肌そのものの感触を心地よく整えることもおすすめします。自分で自分に触れることを心理学では自己親密行動と呼びますが、これには心を落ち着かせる作用があります。でも、肌がザラザラカサカサしていたら、逆にストレスになる可能性も。適度な湿度があって温かい肌のほうが、触れたとき心地よく感じられるはず」

美容家の岡本静香さんは、その人本来の肌を生かすことで、触れて心地よい官能的な肌になれると強調する。

「単にセクシーな肌と捉えるなら、色ムラのなさやツヤツヤな感じなど“理想の美しさ”“状態のよさ”が必須になるけど、心を開く官能と捉えるなら、自分ならではの長所を生かすことで十分。必死でお手入れすることは、かえって心の重荷になってしまうこともあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.