ビューティ情報『パウダーはパフじゃダメ…!? 「崩れにくいメイク」の簡単な方法 』

2021年4月5日 19:00

パウダーはパフじゃダメ…!? 「崩れにくいメイク」の簡単な方法 

つけすぎると厚塗りになってしまい、メイクが肌と密着せずに浮いてしまったり、表情ジワなどに入り込んでシワが目立ってしまいます。

おすすめは、ブラシでパウダーをつけること。パフよりも少量をムラなくつけることができ、肌にフィットしやすくなり、メイクの持ちがぐんとアップします。また、肌の質感もマットになりすぎず、自然で健康的な印象にもなります。

パフのほうが使いやすいという方は、パフでつけた後にひと手間!大きめのブラシで顔全体を払うことで、余分なパウダーが落ち、適量が肌にしっかりフィットします。

このブラシのワンアクションを入れることで、より自然で崩れにくいベースメイクに仕上げることができます。

メイクのシメはミスト&ハンドプッシュ

パウダーはパフじゃダメ…!? 「崩れにくいメイク」の簡単な方法 


メイクがひと通り終わったら、仕上げにメイクの上からミスト化粧水を振りかけることもポイントです。マットな状態は、肌にとっては乾燥している状態=生命の危機と生理的に判断してしまい、体内から油分を分泌させて、乾燥状態を脱しようとします。

この現象によって油分が過剰に出てしまい、テカってしまったり、メイクが浮いてきたり、よれてきたりと、メイク崩れの要因となってしまうのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.