ビューティ情報『コロナ禍で「マスク美人」と言われたくない… 美容家が教える“その特徴と対策法”とは?』

2021年3月2日 21:15

コロナ禍で「マスク美人」と言われたくない… 美容家が教える“その特徴と対策法”とは?

コロナ禍の昨今は、マスクを装着している姿がスタンダード。そのため、顔の上半分を見て「美人」と言われることもあるでしょう。しかし、「マスク美人だね」と言われたことのある女性のなかには、困惑の声をあげている人もいます。そこで今回は「“マスク美人”と言われたくない…!」と悩む女性たちに、時短美容家の並木まきが、その特徴と対策法をご紹介します。

「マスク美人」と呼ばれる人の特徴

目次

・「マスク美人」と呼ばれる人の特徴
・「マスクを外してガッカリ」は避けたい!その対処法は?
コロナ禍で「マスク美人」と言われたくない… 美容家が教える“その特徴と対策法”とは?


(1)目もとのほりが深い

目もとのほりが深い顔立ちの場合、マスクを装着すると、さらに目もとの立体感が目に入りやすく、美人見えする傾向にあります。

また、会話をするときは、相手の「目」を見て話す人が多いため、マスクより上部の印象がそのままその人の顔の印象として残りやすいようです。

(2)しっかりめのアイメイク

長いまつ毛に美しく仕上げたグラデーションのアイシャドウ、ヨレやブレのないアイライン……と、しっかりめに仕上げたアイメイクは、マスクをしたときに美人に見せやすいメイク法です。

マスクを着けていると、人の視線はどうしても顔の上半分に向きやすいもの。そのため、目もとのメイクが美しく仕上がっていると、マスクで覆われている部分も同様に、美しい印象になりやすいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.