ビューティ情報『「肌につける化粧品は少ないほうが良い」“常識破り”なUVシリーズ』

2021年3月12日 19:40

「肌につける化粧品は少ないほうが良い」“常識破り”なUVシリーズ

気になるコスメの開発秘話をお届けする「コスメラボ」。今回はRAFRAのUVシリーズです。

常識破りなコンセプトのUVカットがお目見え。
「肌につける化粧品は少ないほうが良い」“常識破り”なUVシリーズ


スキンケアというと、アレもコレも塗って肌にたくさんよいものを与えたい、と考えるのが一般的。ところが今年2月にリニューアルした『ラフラ』は、その逆がブランドのテーマ。“少ないほうが、肌はうれしい。”というキャッチフレーズを掲げ、美肌になれる引き算を提案する。

「ラフラは1999年の創設時から、肌につける化粧品は少ないほうが良い、というコンセプトで製品を開発してきました。スキンケアをするときの摩擦、洗いすぎで失われる潤い、ケアにかかる時間。これらが少ないほうが肌にも心にもメリットが大きく、美肌になれると考えたのです。もちろん、美肌成分にもこだわりが。リニューアルをきっかけに、スキンケア全商品に透明感アップとバリア機能サポートを同時に叶える“マンダリンクリア”を配合しています」(ラフラ・ジャパン 研究開発担当・高橋満雄さん)

この春新しく登場するUVエッセンスも、減らすことに主眼を置いて開発したアイテム。

「朝は忙しいので、お手入れの手間を省くことを目標にしました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.