ビューティ情報『“朝晩冷えて日中ポカポカ”は危険!…頭痛や不眠「寒暖差疲労」の改善法 #99』

2021年3月18日 08:10

“朝晩冷えて日中ポカポカ”は危険!…頭痛や不眠「寒暖差疲労」の改善法 #99

漢方薬剤師の大久保愛先生によれば、5度以上の気温の差を頻繁に感じると人は体の状態を一定に保つために自律神経が激しく働き、その負担から機能が乱れてさまざまな不調が出やすくなるとのこと。いまの時期に疲労や頭痛、不眠、めまいなどを感じていませんか。愛先生が寒暖差疲労に負けない簡単な方法をお伝えします!

朝晩と日中の気温差により、不調が急増!?

目次

・朝晩と日中の気温差により、不調が急増!?
・今週は、寒暖差疲労のための食薬習慣
・食薬ごはん【今週食べるとよい食材・メニュー:シーフードミックスのレモン炒め】
・Information
“朝晩冷えて日中ポカポカ”は危険!…頭痛や不眠「寒暖差疲労」の改善法 #99


【カラダとメンタル整えます愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 99

今までは日によって気温の変動が大きいと感じられていましたが、最近は1日のうちでも朝とお昼の寒暖差がきつくなってきましたね。疲れやすくなったり、寝つきが悪くなったり、めまいや頭痛を感じたり、イライラしたり、食欲のコントロールができていなかったりとなんとなく感じる不調が増えてきている気がしている人はいないでしょうか。

4月に向けて気温差や天気の変化が徐々に激しくなっていきます。人は、5度以上の気温の差を頻繁に感じると、一生懸命働く自律神経に負担がかかり、機能を乱れさせます。これを寒暖差疲労といいますが、なんとなく不調が続くとその理由がわからないので解決策も立てることができず不安感や煩わしさを感じますよね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.