ビューティ情報『ストレートネック対策にも! 座ってできる“簡単10秒ストレッチ”』

2021年5月22日 20:10

ストレートネック対策にも! 座ってできる“簡単10秒ストレッチ”

関節のこわばりをリセットし、疲労を最小化するストレッチを仕事中に実践。どれも所要時間は長くて1分。「やりづらい」と感じるものほど関節が固まっている証拠なので、まめに行おう。ここでは、関節の中でも重要な首、肩、腰に注目した“関節リセット法”を柔道整復師・酒井慎太郎先生が教えてくれました。

アゴ押しストレッチ(10秒)
座ったままできるストレートネック対策。(首リセット)
強制的にアゴを押し込んで首を動かすと、頸椎の下の方に「後方へシフトする力」が加わり、アゴを出す・押し込むの繰り返しで頸椎全体に本来のカーブが戻り、動きも改善。

ストレートネック対策にも! 座ってできる“簡単10秒ストレッチ”


1、椅子の背もたれに背中をつけて座る。アゴに片方の手の親指と人差し指を当て、首から下の体は動かさないようにして、アゴだけをなるべく前方に出す。

2、アゴに当てた2本の指を使い、顔をスライドさせるように後方へ強くグッと押し込む。1、2を1セットとして、2~3セット繰り返す。1日に行う回数の目安はないので、首や肩の疲れを感じた時に行えばOK。

肩開きストレッチ(15秒)
仕事中に前かがみの姿勢が長い人は必須。(肩、腰リセット)
前かがみの姿勢が長い人の巻き肩の矯正になり、肩まわりのこわばりがほぐれる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.