ビューティ情報『下半身太りの原因に!? 美脚の敵、“内巻き股関節”とは』

2021年6月30日 19:10

下半身太りの原因に!? 美脚の敵、“内巻き股関節”とは

鏡の前に立った時に目に余る、前ももや外ももがパンパンに張った脚。その一因となるのが“内巻き股関節”。間違った使い方が習慣になり歪んだ股関節を正しい位置に戻して、すらりと伸びた美脚に!

太脚の悩み解消に、股関節からアプローチ。
「下半身太りに悩む人の多くに共通しているのは、立ち姿や歩き方に歪みやクセがあることです」

と、美脚専門パーソナルトレーナー・みすたーだいどーさん。

「それらの原因の一つは、筋肉の使い方に偏りがあり、股関節が正しく動かせていないこと。特に多いのが股関節を外にひねる動作ができず、内側にねじれたままになっている“内巻き股関節”です」

内巻き股関節が常態化すると、脚のシルエットにも大きな影響が。

「股関節が内側にねじれてしまうと、股関節につながっている太ももの骨が外に張り出します。これはO脚やXO脚を招く一因に。また、太もも前面に筋肉がついて厚みが増したり、外側がパンパンに張ったりします。その一方で、働いていないお尻やもも裏には脂肪がつきやすく、たるみがちです」

まずは、股関節を外へ外へと引っ張ってくれる筋肉を目覚めさせる。そして、股関節を正しい位置に戻し、真っすぐで引き締まった美脚を手に入れよう!

股関節
下半身太りの原因に!? 美脚の敵、“内巻き股関節”とは


太ももの骨(大腿骨)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.