ビューティ情報『便秘には貧乏ゆすりが効く!? 便座に座ってトライしたい「トイレ体操」4選』

2021年7月26日 19:10

便秘には貧乏ゆすりが効く!? 便座に座ってトライしたい「トイレ体操」4選

外から働きかけて腸を物理的に動かすとっておきのトイレ体操を、便秘外来の名医、順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが伝授。「種類や回数は、体調に合わせて調整を。3分行っても便意が起きない時は無理をせず、見送りましょう。毎日続けることで次第に効果が表れます」

上体ひねり

トイレ体操の基本ともいえるのが、上体をひねることで大腸にダイレクトに刺激を与えられるこの動き。息を吸って吐いて、肘を交互に反対側の膝へ。可能なら手でくるぶしに触れると、体のひねりが強くなってより効果的。

目次

・上体ひねり
・ブランコ体操
・メリーゴーラウンド体操
・貧乏ゆすり


便秘には貧乏ゆすりが効く!? 便座に座ってトライしたい「トイレ体操」4選


1.足を腰幅よりやや狭めに開いて骨盤を立てて座り、背筋を伸ばす。
2.息を吸い、続けて吐きながら上体をひねって左肘を右膝につける。
3.2と同じように呼吸しながら、右肘を左膝につける。2と3を、ゆっくりと繰り返す。

POINT:お腹からひねる意識で!

できる人はさらにひねって
手で反対側のくるぶしに触れる動きもおすすめ。触れている反対側の手は斜め上へ。

ブランコ体操

便座に座って、上体を前後にゆったりとスイング。直腸が曲がっている後傾姿勢と、直腸と肛門がまっすぐになる前傾姿勢を繰り返すことで次第に直腸筋がゆるみ、排便のタイミングがつかみやすくなる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.