ビューティ情報『ため息も笑顔で!? 脳疲れの原因は“怒り”にあった!』

2016年9月26日 12:00

ため息も笑顔で!? 脳疲れの原因は“怒り”にあった!

脳疲れのときには、ため息も笑顔で。

心とカラダの活動のすべてを牛耳っている脳。司令塔である脳が疲れることで、やる気が起きず、疲れやすい、慢性疲労のような状態が続く。

自律神経研究の第一人者・順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は、脳疲れの原因は、ほとんどが怒りだと分析。

「怒りは激怒だけではありません。イライラやむかつき、嫉妬や後悔…。これらはすべて小さな怒りなのです」(小林先生)

言うなれば、私たちは一日の大半を怒りの連続で過ごしているようなもの。

「怒りは過緊張状態。交感神経が優位になり、血管は収縮し血液の循環が悪くなる。その結果、脳への血流も滞り、酸素と栄養の不足で脳が疲れてしまうのです。脳が疲れれば自律神経も常に乱れるという悪循環に陥ります」

怒りと上手に付き合うのが、脳疲れ予防に効果的だと小林先生。

「どんな状況で、何に対して怒っているのか、原因は何か。これを怒りながらでも考えてみるんです。毎回、怒りに冷静に向き合うクセをつけていくと、交感神経が跳ね上がることを抑えられ、脳への負担が減っていきますよ」

怒りとの上手な付き合い方。たとえば、ため息は“笑顔”でつくと神経バランスが整い、唾液も分泌されるといいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.