ビューティ情報『「祓いたまえ、清めたまえ」ケガレのない朝を迎える7つの新習慣』

2016年10月9日 08:00

「祓いたまえ、清めたまえ」ケガレのない朝を迎える7つの新習慣

ケガレを寄せ付けない、寝る前の7つの習慣。

良い睡眠がもたらすもの。それは美肌や健康だけではありません。実は私たちの魂を浄化し、生まれ変わらせているのも、夜の眠りの時間なのです。ケガレを祓い、ピュアな心と体で運気を上げるための睡眠の新習慣を、古神道数秘術家・中井耀香さんが教えてくれました。

■寝る前に湯船に浸かる。
「入浴は、ケガレを流す一番の方法。シャワーで済ませず、一日の終わりは湯船に浸かりましょう」。シャンプーも、夜するのがベスト。「髪は神に通じ、霊的な力が宿るところです。悪い気が溜まる前に、しっかりと洗い流しておきたいもの。さらに、気の出入り口である肩甲骨の間にシャワーを当てておくと、邪気の侵入を防げます。足や手にも同じく気孔があるので、入浴する時間がないときは、手足をお湯で清めるだけでも違います」

■ふくらはぎをマッサージする。
「体の中を巡る“気”が頭から足もとへと降りると、人はリラックスし、眠りに入りやすくなります。頭寒足熱ともいいますが、頭を冷やし、足を温めるのが、安眠のためのコツです」足のほうへと気を巡らせるには、ふくらはぎのマッサージが効果的。「眠る前に足首から膝へ向かって両手で数回、しごき上げます。足先がほんのり温かくなれば、気の巡りが降りてきたしるしです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.