ビューティ情報『「祓いたまえ、清めたまえ」ケガレのない朝を迎える7つの新習慣』

2016年10月9日 08:00

「祓いたまえ、清めたまえ」ケガレのない朝を迎える7つの新習慣

「こうした邪気は、身につけていたものに溜まります。とくにショーツに溜まりやすい。日中もその同じ下着で過ごすと、運気も停滞させてしまいます。みそぎのつもりで穿き替えましょう」寝具もこまめに洗濯を。「1週間に1回は清浄なものに替えて、ふとんにも良い気を通して」

■ベッドに入ったら「反省」はしない。
眠りに落ちる直前は心と体がゆるみ、魂が生まれ変わる準備が始まる時間。「ここで、変に反省したりネガティブな出来事を回想してはダメ。悪いイメージが心に定着し、自分に呪いをかけているのと同じ状態に。悪いことを考えそうになったら『過去のこと』と捉え、“起きてほしい素敵な出来事”を妄想しましょう。リラックスして自分が幸せな状態を想像すると、それが潜在意識へと入り込み、現実のものとして引き寄せることが可能に」

■目覚めたら、窓を開ける。
部屋を清めて眠っても、「眠っている間に邪気が忍び込んだり、これまで溜まっていたケガレによって、部屋の空気は淀んでいます。朝は窓を開け、部屋に風を通しましょう」。邪気を外へと追い出し、空気を清めて、その夜ふたたび気持ちよく眠りにつけるように準備しよう。「ちなみに南西の窓を開けると、幸運を司る神・龍神を招くことができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.