ビューティ情報『「食べたがる」脳をリセット! 痩せ体質になる“食欲コントロール法”』

2022年1月19日 20:10

「食べたがる」脳をリセット! 痩せ体質になる“食欲コントロール法”

「ひと口ごとに箸を置くのと同時に行ってほしいのが、両足の裏を床につけて食べることです」と、菅原さん。

「この状態で食べると、そうではない時に比べて咀嚼量が多くなることが実験で分かっています。しっかり噛むと満腹感を得やすくなり、脳の活性化にも有効です」

食べながら脚を組む習慣は、この機会にぜひ見直して。

おデブ回避のための“残業&夜更かし対策”

今日は遅くまで仕事続行が確定、夜更かしで小腹が…。そんな時はあらかじめ食べる作戦で、食欲をコントロール!

「食べたがる」脳をリセット! 痩せ体質になる“食欲コントロール法”


18時前にひとまずごはんを食べる。
残業で夜遅くにごはんを食べることになりそうな時は、

「18時までにおにぎりなど軽食を摂って、夕食の一部を前倒ししましょう。帰宅後の食事の量を抑え、できれば食べずに済ませるのが狙い。体が一番脂肪を蓄えやすい22時以降に食べるのを避けられるだけでなく、夕食から朝食までの“絶食”時間も長く保つことができます」(菅原さん)

絶食時間とは文字通り何も食べない時間のことで、

「約10時間の絶食の後に朝食を食べることで生体リズムが整い、成長ホルモンも出やすくなります」

だし1杯でお腹を落ち着かせる。
「予期しない残業で夕食の前倒しができなかったなら、帰宅後にまず、だしを1杯飲みましょう」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.