ビューティ情報『ダイエット成功の秘訣は“脳”にアリ!? 痩せ体質になる“夜のルーティン”』

2022年1月20日 19:40

ダイエット成功の秘訣は“脳”にアリ!? 痩せ体質になる“夜のルーティン”

食欲は脳からコントロール!痩せ体質になるには、日々の行動を少しだけ変えて脳のリセットを。罪悪感や我慢と無縁の食欲制御法、教えます。

「食べたがる」脳をリセットするための方策を、時間帯別にご紹介。ここでは“夜”と“休日”の行動に注目!教えてくれたのは、脳内科医の加藤俊徳さん、作業療法士の菅原洋平さんです。

痩せ体質になる“夜の行動術”

タイミングを逃さずに眠って、絶食時間を伸ばすことがカギ。痩せ体質の人は実行している、夜のルーティンをご紹介。

目次

・痩せ体質になる“夜の行動術”
・痩せスイッチon!“休日の行動4選”


ダイエット成功の秘訣は“脳”にアリ!? 痩せ体質になる“夜のルーティン”


帰ってきたら果物をひと口食べる。
夜のドカ食いを防ぐために、加藤さん自身も実行しているというのが、帰宅後に果物を口にするというルーティン。

「果物に含まれる果糖は、他の糖分に比べて吸収が緩やか。血糖値が緩やかに上がって空腹感が適度に抑えられ、香りで気分転換できるという利点も。適量の果物は脳の働きを助け、認知症リスクを下げるという報告もあります」

明かりを暗くして湯船に浸かる。
「朝の光で分泌が抑えられたメラトニンは、16時間後に再び増え始めます。朝6時起床なら、22時頃。この3時間前から暗いところで過ごすとメラトニンがよく働き、深い眠りを得やすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.