ビューティ情報『若い女性にも“内臓脂肪型肥満”が増加中!? 内臓脂肪を知る8つのQ&A』

2022年1月22日 21:40

若い女性にも“内臓脂肪型肥満”が増加中!? 内臓脂肪を知る8つのQ&A

年末年始、ハメを外した食事とインドア生活で体重が2kgほど増えてしまった。見た目的にも去年のスカートがキツいお腹ぽっこり体型に。そのぽっこりお腹の正体、内臓脂肪かもしれません。

内臓脂肪がつく仕組みを知ろう!

若い女性にも“内臓脂肪型肥満”が増加中!? 内臓脂肪を知る8つのQ&A


「これまで脂肪が溜まる順番はまず皮下脂肪、次に内臓脂肪、最後に肝臓の脂肪といわれていました。ところが最近では、皮下脂肪が溜まる前にいきなり内臓脂肪がついてしまう人が増えているように思います」

と言うのは、肥満治療の専門家・栗原毅さん。その傾向はとくに若い女性に増えているという。

「10数年前、仕事で中国を訪れたとき、若い女性がジュースを飲みながら街を歩いていて、そのほとんどがお腹がぽっこり出ていたんです。本当なら中年以降の女性に多い体型なので、一体どうしたのかという疑問を持ちました」

若い女性の場合、脂肪がつくのは腰まわりで、お腹につく脂肪は中年以降に溜まる内臓脂肪のはず。これはファストフード文化が中国に根付いた頃のこと。食文化の変化と内臓脂肪には、関係があると栗原さんは言う。

日本の女性にとってもこれは人ごとではない話。でも、そもそも内臓脂肪って一体何?知っているようで知らない内臓脂肪のこと、先生、教えてください!

Q1. どこに、どのようにつく脂肪?
A. 代表的な内臓脂肪は、小腸を包む膜に溜まります!
内臓脂肪とは文字通り、内臓の周囲につく脂肪のこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.