ビューティ情報『“揺らぎ肌”のサインは? 皮膚科医が最適ケア&アイテムを伝授!』

2022年5月13日 18:10

“揺らぎ肌”のサインは? 皮膚科医が最適ケア&アイテムを伝授!

季節の変わり目は必ずブツブツが出て荒れる、ピリピリして化粧水もしみる、マスクを長時間つけていると肌が部分的にカサつく…こうした肌の“揺らぎ”に関する悩みを解決するには?ここでは、皮膚科専門医の小林智子先生が揺らぎについて解説。また、“攻め”と“守り”両方向からの最適なケア方法を教えてくれました。

肌に刺激や負担を与えないいたわりケアがマスト。
ここ数年、常に肌悩みの上位にランクインする揺らぎ。そもそも揺らぎとはどのような肌状態?

「揺らぎ肌の定義はとても主観的ではあるものの、一時的に肌を守るバリア機能が低下して、刺激などを受けやすくなっている肌状態のことです。ではなぜ、バリア機能が低下するかというと、気温や湿度の変化によって肌の水分量や皮脂量のアップダウンが激しくなり、潤いバランスが乱れることや、花粉やPM2.5などの微粒子の付着、マスクの摩擦などによる物理的な刺激、さらには、ストレスなど、様々な要因が挙げられます。そしてこの時季は、紫外線によるダメージも大きく関わってきます」(小林先生)

自分の肌が揺らいでいるか否かを見極めるには?

「いつも使っている化粧品がしみたり、肌に赤みや痒みが出ている時は、肌が揺らいでいるサイン。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.