ビューティ情報『30代の「綺麗」をより引き出すメイク術〜チーク編〜』

2016年7月31日 21:00

30代の「綺麗」をより引き出すメイク術〜チーク編〜

30代の「綺麗」をより引き出すメイク術〜チーク編〜


小顔効果や血色アップを狙って、普段のメイクでチークを利用しているという皆さん、そのチーク使い、正しくできている自信はありますか?30代の “大人に輝くメイク”を実現するためには、計算高さも重要です。

そこで今回は、様々なビューティー&ファッション誌、TVCM、講師などで幅広く活動するヘアメイクアップアーティストNANAさんに、大人なチーク使いのテクニックについてうかがいました。

肌の血色が悪くなってくる30代女性はチーク必須!?
30代の「綺麗」をより引き出すメイク術〜チーク編〜


チークの最大の効果は、顔の血色を良く見せることができること。20代の頃の頬は何もしなくても、ほんのりピンクやオレンジだったのに……と感じる30代の女性こそ、チークを利用した方が良いそうです。

「大人の女性は、ピンクとオレンジ2色のチークを組み合わせて使うのがおすすめ。疲れていたり、顔色が悪いと感じるときはオレンジを多めに入れて、はつらつと見せることができます。

服装などと合わせて可愛らしく仕上げたい場合にはピンクを多めに使って可憐に見せるなど、シチュエーションに応じて顔全体の印象を決めることもできます」(NANAさん)

オレンジは、肌なじみを抜群に良くする効果があると話すNANAさん。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.