ビューティ情報『このルールは使える!真似したい「ワンルームのレイアウト」3バリエ』

2017年3月30日 11:00

このルールは使える!真似したい「ワンルームのレイアウト」3バリエ

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」。

今回は「真似したいワンルームのレイアウト」をテーマに実例紹介したいと思います。

ワンルームはどうしても広さの制約が悩ましいことが多いですよね。それでもおうち生活を楽しみたい!ということで、いろんな工夫しているインテリア上級者さんの例を3つご紹介します。主にベッドとくつろぎスペースの関係性を見て行きましょう。

【1】ベッドと食べる場所が緩やかに融合したレイアウト

目次

・【1】ベッドと食べる場所が緩やかに融合したレイアウト
・【2】ベッドと食べる場所が独立しているレイアウト
・【3】ベッドと食べる場所がパーティションで分けられたレイアウト
・今日ご紹介したお部屋
・1つ目のお部屋
・2つ目のお部屋
・3つ目のお部屋
3a82


画像提供:RoomClip

最初はNさんのお宅から。

34平米のワンルームをシンプルに、かつディスプレイなどによってインテリアを楽しまれています。レイアウトは寝るスペースと食べるスペースが近いパターン。このレイアウトの特徴は部屋を広く使えることと、リラックスしているときにいるであろう、ベッドの上からとテーブルの前からといずれの場所からもテレビがみえること。

気を抜くとベッドと食べるスペースがごちゃっと融合してしまいがちなので、近くにしまいやすい収納をおいておくと便利です。ちなみにNさんは家具は白で揃えると決め、IKEAで購入されたそう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.