ビューティ情報『このルールは使える!真似したい「ワンルームのレイアウト」3バリエ』

2017年3月30日 11:00

このルールは使える!真似したい「ワンルームのレイアウト」3バリエ

だから統一感があるんですね!

【2】ベッドと食べる場所が独立しているレイアウト

234121286184b87856173308d982819c10b93fe0


画像提供:RoomClip

続いてはCさんのお部屋です。

ベッドは部屋の短辺にそって置かれ、くつろぎスペースのチェア&テーブルはベッドと平行に置かれています。ベッドが背もたれになるような配置と比べると、くつろぎスペースにはちょっとした独立感がありますね。

Cさんのお部屋もテレビは寝転がりながら、もしくはくつろぎスペースから見えるようになっていることも特徴です。ちなみに手前に見える机や、その他も食器棚などで部屋を区切るようにしているそう。背の高い家具を壁沿いではなく垂直に配置するとパーティションのような機能を果たしてくれます。

【3】ベッドと食べる場所がパーティションで分けられたレイアウト

9e70e03648b1796d547cd9cee0a4b5f058dc7f6f
画像提供:RoomClip

最後はYさんのお部屋をご紹介。

今までの2例と異なり、ソファを中心としたくつろぎスペースが窓際に。ベッドはパーティション家具を挟んでおかれています。これにより寝るスペースとくつろぐスペースがしっかりわけられ、ワンルームでもいる場所によって気分が変えやすいという効果があります。

また、来客の際にソファに座ってしまえばベッドが視界に入りづらく、気になりづらいのも特徴の一つです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.