ビューティ情報『いつものメイクにちょい足し!簡単に「春っぽい顔」を作る方法3つ』

いつものメイクにちょい足し!簡単に「春っぽい顔」を作る方法3つ

2018年3月27日 04:00
 

関連リンク

・炊き方を失敗しちゃっても大丈夫!朝食には玄米雑炊がおすすめ
・気分も心機一転!春におすすめイメチェンヘア特集♪
・毎朝を“充実”させて、心地よい習慣を作りたい!オススメの習慣をご紹介


おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

関東でも桜が満開!暖かくなり、いよいよ春本番です。ファッションで春を楽しむように、メイクも春仕様にアップデートを!今回はいつものメイクにちょい足しするだけで、簡単に春っぽい顔になれる方法をご紹介します。

【1】リップ&チークをコーラル系にチェンジ


普段リップ&チークにはどんなカラーを使っていますか?ピンク、ベージュ、レッド、ローズなど、様々なカラーがありますよね。一気に春っぽい顔を演出するなら、コーラル系がおすすめです。

リップとチークは同系色を使うと統一感が出てキレイ。ピンクよりオレンジが強いコーラル系は、爽やかで元気な印象を与えるカラー。普段ピンク系を使っている方は、コーラル系に変えるだけでもメイクを変えた感が出ます!

【2】パステルカラーをまぶたにON


パステルカラーのアイシャドウを使えば、一瞬で春っぽい顔にチェンジ!

ピンク、ブルー、グリーン、オレンジなどキレイなパステルカラーをまぶたにON!アイホール全体のハイライトカラーには明るいベージュ系、眼球上のメインカラーにはパステル系、目のキワのアクセントカラーには引き締めるブラウンを使うと、パステルカラーも浮きません。

コスメショップには、パステルカラーの入った春の新色アイシャドウパレットが並んでいます。好みのパレットを選ぶのも楽しいですよね。パステルカラー単色のアイシャドウだけを買い、普段使っているものにちょい足しするのもおすすめです。

【3】ピンクのフェイスパウダーでふんわり感



メイクの仕上げに使うフェイスパウダーは、ピンク色を使いましょう!ピンク色は顔色を明るく見せるアンチエイジングカラーでもあります。くすみやシミ、毛穴を目立たなくしながら、春っぽいふんわりした印象を与えてくれます。

粒子が細かく、粉落ちしないかどうかがフェイスパウダーを選ぶポイント。春から紫外線が強くなりますので、UV機能が備わったものなら安心ですね。また、メイク直しにも使うなら携帯やすいプレストパウダーが良いでしょう。

ファッションでもメイクでも、春はカラフルなカラーを思いっきり楽しめる季節です。いつものメイクにちょい足しするだけで、簡単に春っぽい顔にアップデート可能!ぜひ試してみて下さいね。

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.