ビューティ情報『つい眠くなる春の午後…「気分をスッキリ!」させる4つのヒント』

つい眠くなる春の午後…「気分をスッキリ!」させる4つのヒント

2018年4月13日 04:00
 

ぽかぽか暖かい日差しが降りそそいで、風が気持ちよく、まさにお昼寝日和なこの季節。お仕事や学校に行っていても「今すぐゴローンと横になりたい!」なんて気分になること、ありますよね。

また、春は気温の変化が激しかったり、新生活が始まって慣れないことの連続で、疲れがたまりやすい時期でもあります。どうしても眠いときには仮眠をとるのが一番だといわれますが、それができない状況も多いはず。

ということで今回は、つい眠くなる春の午後に気分をすっきりさせるコツを5つご紹介します!

ランチ後の睡魔に勝って、仕事や勉強に集中するポイントを早速チェック☆

【1】まずは夜の睡眠を見直し!

関連リンク

・ストップ!寝る前のスマホは肌荒れの原因になるからやめて!
・だるさを感じたら“むくみ対策”!簡単にできるケア3つ
・ママモデルが実践!育児中でも時短できる8つの美容法


毎日のように日中強い眠気に襲われる場合は、まずは夜の睡眠を見直してみることが大切です!

夜更かしは体内時計を狂わせてしまうので、身体が疲れやすい今の時期には特に避けたいところ。

生活が不規則だと眠りの質が低下して「かくれ睡眠不足」状態になり、昼の睡魔のもとになってしまいます。

朝起きる時間を一定にするのも、体内時計を整えるためのポイント!

眠る前のスマートフォンチェックも、睡眠の質を上げるためには我慢するのが良さそうです。

詳しくはこちら>>

【2】ランチ後、カフェインを摂る



カフェインの効果は、体内に入ってから30分後がピークで、6時間は大体半分の効果が続くのだそう。つまりお昼過ぎには、朝の一杯のカフェインは効果がなくなってしまうんです。

お気に入りのコーヒーを持参したり、ランチと一緒にお店で頂いてもいいし、今はコンビニのコーヒーも美味しいのでお手軽に購入するのもいいですね!

カフェインが苦手な方は、ガムをかんだり、歯ごたえのあるものを食べるのがおすすめ♪あごをよく動かすことで脳への血行が良くなり、眠気が遠のきます。

詳しくはこちら>>

【3】集中力を取り戻す!「1分仮眠法」

20160821


『脳も体も冴えわたる1分仮眠法』著者:坪田聡出版社: 大和書房

こちらは公式ブログ『まっこリ~ナのCafe BonBon』で紹介された、仮眠メソッド本!

椅子に深く腰かけて、疲れをとることだけに集中して、そのまま1分間目を閉じて…。目から入る情報を意識的にシャットアウトすることで脳が休まり、集中力が回復するのだとか♪

そのまま眠ってしまわないか心配な方は、スマホアプリのストップウォッチやタイマーを使うと安心かも。

詳しくはこちら>>

【4】座ったままできる「椅子ヨガ」



仕事中、同じ姿勢でずっと座っていると、背中が思わず丸くなってきたり、血行が悪くなって眠気の原因に。

立ち上がってちょっとした運動ができればベストですが、もっとお手軽に身体の倦怠感をとりたいときには、座ったままできる椅子ヨガがおすすめ!

両手を上にあげてグーっと伸びをしてみるだけでも、背中が伸びて気分がスッキリします♪

詳しくはこちら>>

いかがでしたか?

今回は、ついウトウトしてしまう春の眠気を解消するコツをご紹介してきました。

まずは夜の睡眠を振り返ってみて、それでも眠くなってしまったときにはツボ押しなどのテクニックを試してみてくださいね♪

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.