ビューティ情報『旬の「かぼちゃ」で♪時短調理のコツと簡単アイデアレシピ』

2018年10月14日 04:00

旬の「かぼちゃ」で♪時短調理のコツと簡単アイデアレシピ

おはようございます。フードスタイリストの河合真由子です。

10月にもかかわらず、まだ暑さが抜け切らない日々がつづきますが、食卓の上ではすっかり秋到来といわんばかりに、我が家の朝食テーブルには、栗や梨や、生落花生など、この季節の味覚が続々と並んでいます。

目次

・秋の味覚「かぼちゃ」
・かぼちゃ「時短調理」のコツ2つ
・【1】切る前にチン
・【2】3mmにスライス
・炒めるだけの時短レシピ!かぼちゃとひき肉のナンプラー炒め
・【材料】(2人分)
・【作り方】


さて、そんな中でも10月といえば、ハロウィン。そしてハロウィンといえば…やっぱり「かぼちゃ」ですよね?今日は、そんなかぼちゃの時短調理のコツと、ご飯にあう時短おかずのアイデアをご紹介したいとおもいます。

秋の味覚「かぼちゃ」

秋の味覚「かぼちゃ」

10月にはいると、街のあちこちでハロウィンのディスプレイやかぼちゃをみかける機会が多くなりました。

ハロウィンといえばかぼちゃという印象が強く、アレンジ料理を口にする機会も自然と多くなりますね。

かぼちゃの食べごろは9月〜12月。冬至にかぼちゃを食べる習慣があるように、その年にとれたかぼちゃの食べごろは冬至までという一説もあるようです。

そもそも冬至にかぼちゃを食べるのは、かぼちゃでしっかり栄養をとって、来るべき寒い冬を乗り切ろうという意味合いがあるから。

緑黄色野菜に属し、抗酸化作用のあるβカロチンや血行促進効果が期待されるビタミンEが豊富。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.