ビューティ情報『表面サクッと中はしっとり♪おいしいトーストの焼き方のコツ』

2018年11月11日 04:00

表面サクッと中はしっとり♪おいしいトーストの焼き方のコツ

温度が高くなりやすいため、焦げやすい点は要注意ですが、特別な道具なしで簡単に美味しくトーストを焼くことができます。

あらかじめ予熱をしておいたグリルの中に食パンをいれてさっと焼くのがおすすめです。

角食、山食それぞれの違いにも注目

表面サクッと中はしっとり♪おいしいトーストの焼き方のコツ


おいしいトーストが焼けたら、お気に入りのジャムやバターなど、パンのおともとの組み合わせも楽しみたいところ。その前に、実は食パンには大きく2種類あるって知っていましたか?
よくスーパーにいくと、形の違う食パンが並んでいることに気がついている人もいるとおもいます。
食パンには大きくわけて、角食、山食の2種類があります。

角食は、焼くときに型に蓋をして焼くため、真四角の形になっています。その分、水分の蒸発が少なく、きめ細かいしっとりとした食感になっています。また、角食は、原材料に、生クリームなどの乳製品と砂糖をたっぷりつかうことが多く、リッチな生地が特徴。しっかりとしたもちもち食感となります。

表面サクッと中はしっとり♪おいしいトーストの焼き方のコツ


そんな角食は、ホットサンドなどのサンドイッチがおすすめ。パンの生地がきめ細かくしっかりしているため、お肉などの具材とあわせてもへたりがなく相性抜群。また、お好みの野菜とチーズをあわせたピザトーストにもおすすめです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.