ビューティ情報『花粉に負けない!「崩さない」メイク&メイク直しのコツ3つ』

2019年3月12日 04:00

花粉に負けない!「崩さない」メイク&メイク直しのコツ3つ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

暖かくなり、春を感じる季節となりました。嬉しい反面、花粉にお悩みの方も多いのではないでしょうか。鼻水や目の痒み、くしゃみや頭重で外出するのも一苦労。今日は、そんな花粉でつらい日でもメイクを崩さないコツとメイク直し方法をご紹介致します。

目次

・【1】ベースメイクは「パウダー」をしっかりと
・【2】「下地」でアイメイクの崩れを防止
・【3】メイク崩れには「乳液&コンシーラー」


【1】ベースメイクは「パウダー」をしっかりと

フェースパウダーとブラシ

花粉が多い時期には、ツヤ肌メイクは控えて、パウダーでしっかりおさえるのがおすすめです。クッションファンデやクリームファンデのツヤっぽい質感を残しておくのはキレイですが、花粉やホコリが肌に付着しやすくなります。メイクの最後には、顔にまんべんなくフェイスパウダーをはたきましょう。

また、花粉の飛び交う時期は肌が荒れてカサカサしがち。フェイスパウダーで肌の水分が奪われてしまうこともありますので、メイク前はスキンケアで保湿を強化しておきましょう。

【2】「下地」でアイメイクの崩れを防止

アイメイクの崩れが気になる…


花粉の時期に崩れやすい部分と言えば、アイメイクです。アイシャドウ、マスカラ、アイライナーの崩れを防止するには、下地を塗っておくこと。アイシャドウならアイシャドウベース、マスカラならマスカラ下地、アイライナーはペンシルでラインを引いた後にリキッドを重ねると落ちにくくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.