ビューティ情報『ぼやけない!「明るいカラー」をいつものメイクに取り入れるコツ3つ』

2019年4月16日 04:00

ぼやけない!「明るいカラー」をいつものメイクに取り入れるコツ3つ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

春はファッションもメイクも明るいカラーを選びたくなりますよね。ピンク、ブルー、イエロー、グリーンなどのパステル系を身に着けると、身も心も軽くなって気分も上がります!

今回は、そんな明るいカラーを普段のメイクに使う時に、ぼやけたり浮いてしまったりすることなく、よりキレイに見えるメイクのポイントについてお話致します。

【1】肌色トーンは「コントロールカラー」で補正

目次

・【1】肌色トーンは「コントロールカラー」で補正
・【2】目元は同系色のグラデーションで引き締め!
・【3】パーソナルカラーを味方に付ける
・パーソナルカラーの特徴
コントロールカラー


明るいパステル系の色をメイクに取り入れる時は、最初にベースメイクで肌色のトーンを補正するとキレイに仕上がります。ファンデーションを付ける前に化粧下地はお使いだと思いますが、よりキレイに仕上げるためには、化粧下地の後にコントロールカラーを使うのがおすすめ。

コントロールカラーは、補正したい肌色の補色のカラーを使います。例えば、赤みを消したい場合は赤の補色であるグリーンのコントロールカラーを、黄ぐすみを消したい場合は、ブルーのコントロールカラーになります。

指でなじませたら、ファンデーションのスポンジを使ってなじませると良いでしょう。肌色のトーンを均一にするだけで、その後のカラーメイクが映えるようになります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.