ビューティ情報『ちゃんと出来てる!?「UV対策」4つの落とし穴』

2019年5月28日 04:00

ちゃんと出来てる!?「UV対策」4つの落とし穴

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。日差しが強くなってきたこの頃。紫外線対策は万全でしょうか?

目次

・【落とし穴-1】日焼け止めの「塗りムラ」
・【落とし穴-2】意外に焼けるのが「足の甲」「首」「唇」
・【落とし穴-3】紫外線を通す「色」とは…
・【落とし穴-4】紫外線は「目」からも入る!
夏の日差し


しっかり対策していると思っていても、意外な落とし穴があるかもしれません。それでは効果なし!?紫外線対策の4つの落とし穴とは?

【落とし穴-1】日焼け止めの「塗りムラ」

日焼け止め

紫外線対策といえば、まずは「日焼け止めを塗ること」ですよね。しかし、そこに紫外線対策の落とし穴が。日焼け止めの量が少なかったり、肌によく伸ばしてつけなかったりすると、塗りムラが出来てしまいます。

日焼け止めが塗れている部分と、塗れていない部分が出来てしまうと、塗れていない部分は当然紫外線対策ができないことに。

日焼け止めは、パッケージ裏などで推奨されている量をしっかりつけましょう。また、クリームタイプの硬いテクスチャーより、柔らかくて伸びが良い乳液タイプやジェルタイプのほうが塗りムラを防げます。

【落とし穴-2】意外に焼けるのが「足の甲」「首」「唇」

ムラ焼けした足の甲

日焼け止めを塗らずに過ごしてしまい、意外と焼けてしまう場所があります。それは、足の甲、首、唇です。顔以外に日常的に日焼け止めを塗るのは腕やデコルテ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.