ビューティ情報『美容ジャーナリストが選ぶ!夏のダメージ肌を救う「お助けマスク」7選』

2019年8月2日 04:00

美容ジャーナリストが選ぶ!夏のダメージ肌を救う「お助けマスク」7選

おはようございます♪美容ジャーナリストのYUKIRINです。

いつも通りのスキンケアをしていても、肌のごわつき、くすみ、疲れなどが目立ちやすくなる夏。

目次

・日焼け後の沈静に!ワンコイン「クレイパック」
・顔のパーツごとに使い分け!時短「ブロッキングマスク」
・エステ代わりに!週1回の「ご褒美マスク」


この時期にいつもより丁寧にケアしておくと、秋にダメージが残りにくく、冬に向けて準備できる肌となります。

今回は、いつものスキンケアにプラスワンするアイテムとしておすすめしたい、ダメージ肌をレスキューする「お助けマスク」をご紹介します。

美容ジャーナリストが選ぶ!夏のダメージ肌を救う「レスキューマスク」7選


日焼け後の沈静に!ワンコイン「クレイパック」

CLAYD『CLAYD for bath ONETIME』とアルジタル『グリーンクレイペーストミニN』


クレイというと毛穴ケアのイメージがありますが、実は日焼けした肌を落ち着けてくれる効果も。日焼け直後は、美白を考えるよりまず、火照りや赤みを鎮静するのが先決。ひりひり、ゴワゴワの肌に、クレイパックを乗せてみて。

クレイは、皮膚の細胞を新しく生成、修復するために必要なミネラルがたっぷり含まれ、薄いフィルムように肌の上で膜を作ってくれるため、バリアのような役目となり、水分を逃さず留めてくれます。

クレイを使うときのポイントは、乾く前にオフすること。乾きかけたらミスト状のスパウォーターなどを吹きかけて湿らせるようにしてみて。

写真左のCLAYDは、アメリカ西海岸の砂漠地帯にある火山灰から生まれたクレイブランド。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.