ビューティ情報『入浴&カーテンにひと工夫!夏の熟睡をかなえる2つの習慣』

2019年7月31日 04:00

入浴&カーテンにひと工夫!夏の熟睡をかなえる2つの習慣

連載「教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室」では、気持ちのいい朝に欠かせない「睡眠の悩み」を解決するヒントを、日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善シニアインストラクターの竹内由美さん(ユミ先生)に教えていただきます!

目次

・今回のお悩みは…「熟睡できない」~後編~
・【アドバイス2】「夜の入浴」&「朝の光」にひと工夫を!
・カーテンにひと工夫して、朝の光をコントロール!
入浴&カーテンにひと工夫!夏の熟睡をかなえる2つの習慣


今回のお悩みは…「熟睡できない」~後編~

夢を見たり途中で起きたり…。暑い夏は特に、眠りが浅いなぁと感じることがあります。熟睡するためにはどうしたらいいですか?

【アドバイス2】「夜の入浴」&「朝の光」にひと工夫を!

前編の記事で「入浴後の換気扇はすぐ消さないようにしましょう」とお伝えしましたが、熟睡するためには、入浴の方法も大切です。

夏は暑いため、入浴ではなくシャワーにしがち。しかし、深部体温をスムーズに下げるためには、シャワーではなく入浴がオススメです。

入浴


日中、汗をかいた体は意外に冷えていますし、寒いオフィスで過ごした場合、手足の血流が悪くなっています。一度湯船に使って体温を上げ、全身の血流を促したほうが、疲れがとれて入浴後に体温が一気に下がり、眠りやすくなります。

ただし、熱すぎるお風呂は禁物。体に負担になるだけでなく、体温が下がるまでに時間がかかってしまうので、お湯は40℃未満にし、就寝の1時間前には入浴をすませましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.