ビューティ情報『夏のダメージ、溜めてない?「乾燥・日焼け」お悩み別スキンケア2つの方法』

2019年8月29日 04:00

夏のダメージ、溜めてない?「乾燥・日焼け」お悩み別スキンケア2つの方法

暑い夏のあいだ、クーラーの効いた部屋にいて肌が乾燥したり、紫外線によって日焼けをしたりして、秋を目前に肌ダメージを感じていませんか?

これらのダメージは今すぐ目に見えて現れなかったとしても、肌内部では少しずつ蓄積され、のちに乾燥肌やシミ、シワ、たるみとなって現れます。

目次

・「乾燥」が気になる!保湿スキンケア法
・(1)クレンジング・洗顔
・(2)化粧水はたっぷり
・(3)保湿タイプのシートマスクで栄養補給
・(4)美容オイル・蒸しタオルで保湿
・(5)乳液・クリームで仕上げ
・「日焼け」しちゃった!美白スキンケア法
・(1)クレンジング・洗顔
・(2)冷タオルで肌表面の熱を取る
・(3)化粧水はたっぷり
・(4)美白タイプのシートマスクで栄養補給
・(5)シートマスクの上から冷タオル
・(6)乳液・クリームで仕上げ


そうならないためにも、ダメージ肌に効果的な2通りのお悩み別スキンケア法を、エステティシャンである筆者がお教えします。

「乾燥」が気になる!保湿スキンケア法

暑い夏のあいだクーラーや扇風機など一日中風に当たり、肌の内部は冷え、血行不良、水分不足状態になっているかも。

今のうちにケアしておかないと、秋から冬にかけてもっと乾燥が加速します。

乾燥状態を繰り返していると、肌荒れやくすみ、ニキビ、吹き出物などの肌トラブル、紫外線や摩擦によるダメージを受けることでシミの原因、コラーゲンの破壊によるシワやたるみの原因に…。

秋が来る前に、保湿スキンケアを徹底しましょう!

(1)クレンジング・洗顔

夏のダメージ、溜めてない?「乾燥・日焼け」お悩み別スキンケア2つの方法


クレンジングによってメイク汚れを、泡立てた洗顔によって皮脂汚れや外気汚れなどをていねいに洗い流しましょう。

(2)化粧水はたっぷり

夏のダメージ、溜めてない?「乾燥・日焼け」お悩み別スキンケア2つの方法


2枚重ねにしたコットンに化粧水をたっぷり含ませて、お肌全体にしっかりと浸透させましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.