ビューティ情報『夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』』

2019年9月8日 04:00

夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』

おはようございます♪ヨガインストラクターのkayoです。

まだまだ日中は暑い日も多いですが、朝晩は過ごしやすくなり、秋の訪れを少しずつ実感しています。

目次

・夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』
・ポイント
・動画はこちら


季節の変わり目は、気温の変化により自律神経が乱れがちに。

そこで今回は、自律神経を整える腹式呼吸の練習方法をご紹介します。

座りながらだとお腹の動きが意識しづらいという方にオススメですよ。では早速やってみましょう♪

夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』

1)仰向けになり、両膝を立てます。膝は腰幅程度に開きましょう。

夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』


手をお腹にあてて、お腹の動きを確認します。

鼻から吐いて、お腹がへこみ、鼻から吸って、お腹がふくらむようにします。

2)慣れてきたら、手を放していただいても大丈夫です。

夏から秋にかけてのカラダ作りに。自律神経を整える『腹式呼吸』


吐く息と吸う息を1セットとして、無理のない範囲で5~10セット行ってみましょう。

ポイント


  • 吐く息を2倍くらい長く行いましょう。副交感神経が優位になり、リラックスした状態に導くことが出来ます。


  • 細く長い呼吸を心がけましょう。


  • 鼻呼吸が難しければ、口で行っていただいても大丈夫です。鼻呼吸も少しずつ練習してみましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.