ビューティ情報『新米をもっとおいしく!簡単「自家製ごはんのお供」2レシピ』

2019年9月29日 04:00

新米をもっとおいしく!簡単「自家製ごはんのお供」2レシピ

おはようございます!フードスタイリストの河合真由子です。

新米の季節。炊きたての白いごはん、あなたならどんな「お供」をあわせますか?

目次

・作り置きすれば便利!自家製ごはんのお供
・濃厚であと引くおいしさ!「豚みそ」
・【材料】
・【作り方】
・後味さっぱり「ねぎ塩鶏レモン」
・【材料】
・【作り方】


お気に入りのごはんのお供があれば、忙しい朝でも手軽に準備できて、朝ごはんがおいしく食べられるはず。今日は、手軽につくれるごはんのお供をご紹介します。

作り置きすれば便利!自家製ごはんのお供

ごはんのお供というと、何を思い浮かべますか?なめたけ、海苔の佃煮などの定番の市販品は、冷蔵庫にあると便利。でもごはんのお供は、市販品だけでなく、手作りでもつくれます。

前夜に作り置きしておけば、朝は並べるだけの手軽さ。また、旬の食材をつかったり、自分好みの味付けにすることができるのが自家製のいいところ。

自家製のごはんのお供があれば、毎日のごはんも飽きずに、おいしくいただけますね。

濃厚であと引くおいしさ!「豚みそ」

豚みそ


わたしがおすすめしたい一品めのごはんのお供は、 鹿児島県の郷土料理でもある豚みそです。わたしは、以前仕事で市販品を取り扱ったことがあり、そこから病みつきになりました。

家でも簡単につくれるので、まとめてつくっておくと便利ですよ。

【材料】


  • 豚バラ肉180g


  • ねぎ1/2本


  • おろし生姜小さじ2


  • 味噌大さじ2.5


  • 砂糖大さじ2


  • 豆板醤小さじ1/4

【作り方】

1)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.