ビューティ情報『エステティシャンも実践!「食べ過ぎ」をリセットする5つのヒント』

2019年11月7日 04:00

エステティシャンも実践!「食べ過ぎ」をリセットする5つのヒント

食欲の秋。「ご飯が美味しくてつい食べ過ぎてしまった」「翌日、お腹がぽっこりして、なんだか体も重だるい気がする…」という経験はないでしょうか?

エステティシャンである筆者もそんな日があります。そんな時こそ、翌日に食べ過ぎをリセットすることがポイント。今回はエステティシャンも取り入れている食べ過ぎリセット法についてご紹介します。

目次

・食べ過ぎると体はどうなる?
・【1】脂質、糖質、炭水化物の量が増えがちに
・【2】食べすぎたのに「食べ足りない‥」と感じることも
・エステティシャンも実践!「食べ過ぎ」をリセットする5つのヒント
・【1】胃腸を休ませながら、こまめに水分補給
・【2】タンパク質、食物繊維、ミネラル、ビタミンを意識する
・【3】納豆、キムチ、ヨーグルトも合わせて食べる
・【4】起床後にウエストひねり
・【5】入浴しながらストレッチ&マッサージ
・「食べ過ぎてしまった!」翌日の食事&過ごし方
・【朝】
・【昼】
・【夜】


食べ過ぎると体はどうなる?

食べる女性


友人とのご飯や同僚との飲み会、ご飯が美味しくて腹八分目どころか、お腹が苦しいくらい食べ過ぎた…という経験はありませんか?

「太りたくないから」「ダイエットをしているから」と食事を我慢する必要もないと思います。

食べたい時は食べて、翌日にリセットやコントロールすることでメリハリをつけることがポイントです。

まずは、食べ過ぎるとカラダがどうなるかを、理解しておきましょう。

【1】脂質、糖質、炭水化物の量が増えがちに

糖質


特に糖質や炭水化物は、食べれば食べるほど、脳が「もっと欲しい!」と錯覚して覚えてしまうと言われています。

つまり、無意識のうちにカラダが糖質や炭水化物を求めるようになってしまうのです。

食べ過ぎた翌日以降は、意識的に糖質や炭水化物の量をセーブしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.