ビューティ情報『トースターがなくてもOK!市販のパンをもっとおいしく食べる「リベイク」の方法』

2019年11月17日 04:00

トースターがなくてもOK!市販のパンをもっとおいしく食べる「リベイク」の方法

おはようございます!フードスタイリストの河合真由子です。

朝ごはんの定番ともいえるパン。毎日のことだから、スーパーで売られている市販のパンが、一番便利で、お財布にもやさしいですよね。

目次

・「リベイク」すれば、パンはもっとおいしく!
・リベイクは「魚焼きグリル」でもOK!
・冷凍したパンのリベイク法
・クロワッサンやロールパンのリベイク法は?


そしてそんな市販のパンを、ちょっと手をかけるだけでもっとおいしく食べられたら…朝の時間がもっと充実するはず!

そこで今日は、市販のパンをもっとおいしく食べる「リベイク」の方法をご紹介します。

「リベイク」すれば、パンはもっとおいしく!

トースト


朝ごはんは毎日食べるもの。

ここ最近、高級食パンが話題にのぼっていますが…毎日食べるなら、やはりスーパーやコンビニなどでも買える、安価で安定したおいしさのパンが一番手軽です。

そのまま食べてももちろんおいしいのですが、市販のパンは温め直す(=リベイクする)ことでさらにふんわりもちもちの、焼きたての美味しさを味わうことができます。

また、袋詰めにされたパンは、一人では食べ切れないこともあり、冷凍保存する場合が多いとおもいます。

冷凍保存した場合も、自宅で上手にリベイクできたら、焼きたてのような美味しさを再現することができます。

リベイクは「魚焼きグリル」でもOK

魚焼きグリル


パンをリベイクするというと、数年前に話題になった高級トースターを思い浮かべる方も多いかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.