ビューティ情報『トースターがなくてもOK!市販のパンをもっとおいしく食べる「リベイク」の方法』

2019年11月17日 04:00

トースターがなくてもOK!市販のパンをもっとおいしく食べる「リベイク」の方法

確かに高級トースターならおいしくリベイクできるとおもいますが、コストもかかり、また場所もとり、一人暮らしの狭いキッチンではちょっと現実的ではありません。

そこでわたしがおすすめするのが、キッチンのガスコンロについている「魚焼きグリル」でリベイクする方法です。

以前にもご紹介しましたが、魚焼きグリルは短時間で高温になり、パンを温めるのにちょうどいい仕様になっています。高温でスピーディーに焼くことで、中の水分を保ったまま、表面は香ばしく中はもちもちに焼くことができるのです。

冷凍したパンのリベイク法

食パン


食べきれなかったパンは、1カットづつラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍保存しておくと、風味を損なうことなくおいしく保存できます。解凍して食べる際は、冷凍庫から取り出し、しばらく常温においておきます。半解凍の状態になったら、予め温めておいた魚焼きグリル(またはオーブントースター)でリベイクします。

半解凍しておくことで、表面が焦げて中が冷たいままという状態を防ぐことができ、上手にリベイクできます。

冷凍しておいたとは思えないほど、ふんわりもちもち、そして香ばしく仕上がるので、購入して食べきれない分は、すぐに冷凍保存しておくことをおすすめします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.