ビューティ情報『太りにくい体になる!エステティシャンも実践する「おうち温活」2つ』

2019年12月5日 04:00

太りにくい体になる!エステティシャンも実践する「おうち温活」2つ

冬になると「冷え」による腹痛や腰痛、体調不良など、体の不調を感じやすくなることはありませんか?

今回は、冬の冷えから体を守り、体調不良を招かないよう、エステティシャンである筆者が実際におこなっている自宅でできる温活法をご紹介します。

目次

・冷えが悪い理由って?
・冷えを解消するポイントは?
・太りにくい体になる!エステティシャンも実践する「おうち温活」2つ
・【1】お風呂でしっかり温まる
・【2】衣類やアイテムでしっかり温める


冷えが悪い理由って?

人間の平均体温は36.5℃と言われており、その体温になると、体内の酵素が活性化されて働きやすくなります。

体温計


その平均体温が1℃低下すると、免疫力や基礎代謝の低下、体内酵素の活性が低下してしまいます。

その結果、例えば


  • 風邪を引きやすい


  • 疲れやすい


  • こりや疲労が蓄積しやすい


  • 太りやすい


  • やる気が出ない


  • 病気やアレルギーになりやすい

などあらゆる体の不調を招く原因になります。

冷えを解消するポイントは?

特に寒い冬は、気温の低下とともに、活動も低下しやすくなりますよね。これも、冷えの原因のひとつなんです。

つまり、冷えを解消し体を温めるためには、以下のようなポイントが大切になります。


  • 運動量が減ると筋力が低下してしまいます。血流やリンパの流れを活性化させるために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動やストレッチやマッサージを取り入れて血流とリンパの流れを促進させましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.