ビューティ情報『就寝前の過ごし方がポイント!短時間でも効率よく眠るコツ4つ』

2019年11月29日 04:00

就寝前の過ごし方がポイント!短時間でも効率よく眠るコツ4つ

連載「教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室」では、気持ちのいい朝に欠かせない「睡眠の悩み」を解決するヒントを、日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善シニアインストラクターの竹内由美さん(ユミ先生)に教えていただきます!

目次

・今回のお悩みは…「寝る時間が遅く、疲れやすい」~後編~
・少ない睡眠時間こそ、効率を上げる!
・【アドバイス1】夕方以降はカフェインを避ける
・【アドバイス2】寝る前の食事はNG!
・【アドバイス3】入浴にも一工夫
・【アドバイス4】休日はいつもよりゆっくり眠るのが◎


目覚まし時計


今回のお悩みは…「寝る時間が遅く、疲れやすい」~後編~

仕事や予定が立て込んで、帰宅時間が遅い日が続くと、どうしても睡眠不足になって疲れやすくなってしまいます。これからの年末年始シーズン、寝るのが遅くなっても疲れをためないためには、どうすればいいのでしょうか…?

少ない睡眠時間こそ、効率を上げる!

睡眠不足が続くと、その疲労は体だけでなく、脳にも大きな悪影響を及ぼします。

悩む女性


睡眠不足になると、体には


  • 日中の活動量の低下


  • 疲労の蓄積


  • 血圧や代謝の乱れ


  • 免疫力の低下

などが発生しやすくなることが伝えられています。

また、脳については


  • 記憶力の低下


  • 集中力・意欲の減退


  • 判断力、推察力(人の気持ちを察する力)

など、脳の重要な働きが低下するといわれています。

結果、風邪を引きやすくなる、血圧が上がる、ケアレスミスが増える、人間関係がうまくいかなくなる、仕事の効率が下がって、さらに残業が増えるなど、トラブルが起きやすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.