ビューティ情報『手でつけるorコットンを使う?もう迷わない「化粧水のつけ方」ポイント3つ』

2020年2月2日 04:00

手でつけるorコットンを使う?もう迷わない「化粧水のつけ方」ポイント3つ

でつけること

なのです。

お顔の表面の肌細胞は、身体の皮膚の半分ほどの薄さで、その薄さは僅か0.02mmと言われています。

つまり、思っている以上にお顔の皮膚の細胞は薄いということ。強いタッチで化粧水や乳液をつけてしまうと、お肌を傷つけてしまうことが多いのです。

つける時の目安は、「肌が動かない」くらい。

表面を、とにかく優しいタッチで全体に化粧水をつけていきます。

普段から優しいタッチでスキンケアされている方のお肌は、とてもキメ細かくなめらかな肌質の方がとても多いんですよ。

メーカーがすすめる方法でつけよう

手でつけるorコットンを使う?もう迷わない「化粧水のつけ方」ポイント3つ


そして、化粧水でもっとも悩みがちな、「手でつけるべき?」「コットンがいいの?」の質問に対する答え。

それは

使っている化粧水のメーカーがすすめる方法でつける

これが正解です。

化粧水によって、メーカーが推奨するつけ方は異なります。使い方に迷ったら、いま使っている化粧水のメーカーに従うのが◎

パッケージに書いてある場合もありますし、わからない場合はホームページで調べたり、美容部員さんにおすすめのつけ方を聞いてみましょう。

ちなみに、同じ化粧水でも、以前はメーカーが「パッティングしながらつける方法」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.