ビューティ情報『ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ』

2020年8月21日 04:00

ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

外出自粛やテレワーク化の影響で、「ここ最近、座って過ごす時間が長くなった」と感じている方。椅子に座っているときの「ひざの状態」を見てみてください。パカッと左右に開いてしまっていませんか?

ひざの開きは、内ももの筋力が低下しているサイン。今朝は、美脚づくりに役立つ!ゆるんだ内ももに刺激を与えるポーズをご紹介します。

股関節内転筋群にアプローチ!「内ももの引き締め」ストレッチ

1)直立の姿勢で両手を腰に添えたら、右ひざが上にくるように足を組む

ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ


※腰をやや落とし、ひざを曲げます

※右のつま先を左足首の後ろに回して引っ掛けます

2)身体の前に腕を伸ばし、右腕が下になるようにクロスして重ねたら、手のひらを上に向けて合わせ、ゆっくりと5回呼吸する

ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ


ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ


※腕は肩の高さになるよう保ちましょう

※ひざ同士で押し合うようにして、内ももを締めるイメージで行います

3)左ひざが上にくるように足を組み、左腕を下にして重ねて合掌し、ゆっくりと5回呼吸する

ひざが開いていたら要注意!骨盤の歪みにも効く「内もも引き締め」ポーズ


※ 身体に痛みや違和感がある人は無理におこなわないでください

***

太ももの内側にある筋肉群を「股関節内転筋群」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.