ビューティ情報『足の長さも変わる!?自分の骨盤を知ろうシリーズ【1】「上下」の歪みの整え方』

2020年9月11日 04:00

足の長さも変わる!?自分の骨盤を知ろうシリーズ【1】「上下」の歪みの整え方

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

腰痛やむくみなど体調不良の原因になりやすい、骨盤の歪み。でも、例え全身鏡で見たとしても “どのように歪んでいるか” までは自分ではなかなかわからないもの。そう、骨盤の歪みにはさまざまなパターンがあるのです。

今日は「自分の骨盤を知ろう」シリーズ第一段!ということで、ストレッチの番外編として、骨盤の “上下の歪み” のチェック方法と整え方を紹介します。

足の長さも変わる!?自分の骨盤を知ろうシリーズ【1】「上下」の歪みの整え方

「上下の歪み」をチェックする方法

骨盤の上下の歪みは「高さの違い」というとイメージしやすいかもしれません。左右どちらかの骨盤が高い、もしくは低い状態のことをいいます。

まずは、次の方法で上下の歪みの有無をチェックしていきましょう。

目次

・足の長さも変わる!?自分の骨盤を知ろうシリーズ【1】「上下」の歪みの整え方
・「上下の歪み」をチェックする方法
・高さの違いにアプローチ!骨盤を下げる「上下運動」


骨盤の歪みをチェックする方法


仰向けになり、足を腰幅程度に開いて、かかとを交互に突き出す~戻す動きをゆっくりとおこないます。この動きが、左右のどちらか突き出しやすい方の骨盤が下がっているという判断の目安になります。

足の長さも変わる!?自分の骨盤を知ろうシリーズ【1】「上下」の歪みの整え方


また、直立の姿勢で立ったときに上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)という骨盤部の骨に手を添え、左右の高さの違いをチェックしてみるのもよいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.