ビューティ情報『美容師さんも実践。美髪をつくる「正しいシャンプーの方法」6ステップ【動画あり】』

2020年10月29日 04:00

美容師さんも実践。美髪をつくる「正しいシャンプーの方法」6ステップ【動画あり】

おはようございます。表参道の美容室「fiorista」の森本英梨です。

今日は美容師も実践&おすすめする「正しいシャンプーの仕方」をお伝えします。洗い方、すすぎ方、そしてタオルドライのコツは、動画でもご紹介します!

美容師さんも実践。美髪をつくる「正しいシャンプーの方法」6ステップ

【1】まずはブラッシング!

目次

・美容師さんも実践。美髪をつくる「正しいシャンプーの方法」6ステップ
・【1】まずはブラッシング!
・【2】ぬるめのお湯で「予洗い」
・【3】シャンプーは少量でOK
・【4】優しくマッサージするように洗おう
・泡立てのコツを動画でチェック!
・【5】すすぎはとにかくしっかり!
・すすぎのコツを動画でチェック!
・【6】タオルドライは優しくトントン!
・タオルドライのコツを動画でチェック!
・fiorista
シャンプー前のブラッシング


シャンプー前にブラッシングする事で、髪の絡まりなどが取れ、濡らした時の摩擦による髪の傷つきを防げます。

またブラッシングだけである程度のほこりが取れるので、シャンプーの泡立ちがよくなり、少量でしっかり洗えますよ。

【2】ぬるめのお湯で「予洗い」

美容師さんも実践。美髪をつくる「正しいシャンプーの方法」6ステップ【動画あり】


シャンプーする前のすすぎで、汚れの7割は取れると言われています。それぐらい、最初のすすぎはとっても大切。

お湯の温度は36℃~39℃くらいの人肌で、しっかりすすいで予洗いするようにしましょう。

【3】シャンプーは少量でOK

シャンプー


シャンプーの量は「少なめ」を意識しましょう。

「泡立ちが良いとよく洗えている」「気持ちよくすっきり感が違う」と思われがちですが、実は泡立ちの良さはさほど大切ではありません。

シャンプー前にしっかり予洗いが出来ていると、ワンプッシュ弱のシャンプーでも充分泡立ちますし、泡がなくてもしっかりすすげていれば、洗い上がりはスッキリしますよ♪

【4】優しくマッサージするように洗おう

シャンプー


シャンプーをつけたあとのポイントは、優しくマッサージするように洗うこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.