ビューティ情報『ウォーキングの適切な距離は?脂肪燃焼に効果的なスピードとは』

2019年9月28日 09:00

ウォーキングの適切な距離は?脂肪燃焼に効果的なスピードとは

ウォーキングは距離が長いほど脂肪も燃焼して痩せやすいと思っていませんか?実は距離だけでなく、どれくらいのスピードで行うかも大切なポイントです。効果的なウォーキングについて、ボディセラピストのhrhs629先生に教えていただきました。

目次

・ウォーキングの効果
・脂肪燃焼
・冷えやむくみの改善
・ウォーキングに効果的な距離・時間はどれくらい?
・初心者は2~3kmの距離から
・ウォーキングの効果を高めるポイント
・呼吸ができるスピードで歩く
・背筋を伸ばす
・距離別・ウォーキングの消費カロリー
・消費カロリーの計算方法
・ウォーキングの消費カロリー
・ウォーキングは距離よりも歩き方が大切

ウォーキング距離

ウォーキングの効果

ウォーキングする女性

脂肪燃焼

ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動は酸素を取り込んで体中に栄養素を送るとともに、二酸化炭素を外に吐き出し、体の循環を高めます。これら一連の働きのために必要なエネルギーとして脂肪が使われるため、有酸素運動は脂肪の燃焼に効果が期待できるのです。

冷えやむくみの改善

有酸素運動で血液を全身にめぐらせると、内臓の機能が活発になり、自律神経が整いやすくなります。体温の調整機能も改善されるため、冷えの解消につながるでしょう。また血液の循環が良くなることで老廃物の排出が促され、むくみにも効果が期待できます。

ウォーキングに効果的な距離・時間はどれくらい?

ウォーキングの時間を測る女性

4~6kmの距離を1時間かけて歩くのが理想です。散歩とは違い、一定のスピードを維持するよう心がけてください。

また、脂肪をエネルギーに転換するには、20分以上ウォーキングを続けることも大切です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.