ビューティ情報『食物繊維たっぷり!ごぼうの健康効果と栄養&風味を残す調理のコツ』

2019年9月29日 09:00

食物繊維たっぷり!ごぼうの健康効果と栄養&風味を残す調理のコツ

ごぼうは効率良く食物繊維を摂れる食材ですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。ごぼうならではの食物繊維の特徴と健康効果をはじめ、栄養と風味を残さず摂るための調理のコツなどを、管理栄養士の望月沙紀先生に詳しく教えていただきました!

目次

・ごぼうの栄養価と健康効果とは?
・食物繊維が豊富
・クロロゲン酸が豊富
・他にも嬉しい栄養素がたくさん
・ごぼうの食物繊維の特徴とは?
・イヌリン(水溶性食物繊維)
・リグニン(不溶性食物繊維)
・栄養価は加熱すると変わる?
・ごぼうの栄養素を効率良く摂取する食べ方
・ごぼうの栄養素と風味を逃さない調理のコツ
・ごぼうを食べるときの注意点
・食べ方・調理法を工夫して効率良く栄養を取り入れよう

ごぼう

ごぼうの栄養価と健康効果とは?

ごぼう

食物繊維が豊富

ごぼうは100gあたり、水分81.8gを除けば、炭水化物15.4gが主な成分です。その炭水化物のうち食物繊維が5.7gあり、水溶性食物繊維のイヌリンと不溶性食物繊維のリグニンがともに含まれています。

食物繊維の効果を感じるには、水溶性・不溶性のどちらかではなく、両方をバランス良く摂ることが大切。水溶性と不溶性の両方が含まれているごぼうは、食物繊維を効率良く摂れる食材なのです。

クロロゲン酸が豊富

クロロゲン酸は抗酸化作用があるポリフェノール成分で、アクの主体となる成分です。糖質の吸収を抑えたり、体内の活性酸素を取り除いたりする働きがあるため、ダイエットやアンチエイジングが期待できます。

他にも嬉しい栄養素がたくさん

ごぼうにはその他にも、成長ホルモンの分泌を促進するアルギニン、貧血やうつ病の予防になる葉酸、骨の形成を助けるマグネシウム、血圧を下げるカリウムなどが豊富に含まれます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.