ビューティ情報『寝るときの姿勢で体の不調を整える!お悩み別おすすめの寝方』

2019年10月4日 09:00

寝るときの姿勢で体の不調を整える!お悩み別おすすめの寝方

皆さんは普段どんな体勢で寝ていますか?実は寝るときの姿勢と体には深い関係があるのです。今回は睡眠専門家の内藤絢先生に、寝るときの姿勢についてのあれこれをお伺いしてみました。いびきや浅い睡眠は、実は寝方が原因かも?

目次

・寝るときの姿勢と体の関係
・仰向け&寝返り
・横向き
・理想的な寝るときの姿勢
・いびき、口呼吸の人は横向き
・首や腰に負担が掛からなければ仰向け
・寝るときの姿勢のメリット・デメリット
・仰向け
・横向き
・うつ伏せ
・寝るときの姿勢で体の不調を改善
・足の浮腫み解消
・首凝り、肩凝り
・腰痛
・寝るときのクセは直した方がいいの?
・横向きに寝た方がいい場合
・仰向けに寝た方がいい場合
・体調に合わせた姿勢で寝ましょう

ベッドで寝ている女性

寝るときの姿勢と体の関係

ベッドで寝ている女性

仰向け&寝返り

私達は一晩眠るなかで、20回〜30回の寝返りを打ちます。寝返りは体の圧迫感が緩和される事で筋肉の緊張が緩まる、血流やリンパ液の流れが良くなるという効果があります。また起きている間に背骨や関節に掛かった負担を緩和して体の歪みを整える役目もあります。

横向き

横向きは、睡眠中の体への負担が一番少ないと考えられています。首、肩、腕の力が上手く抜けるので、深く眠りやすい体勢です。また左側を向いて寝ることで、血液循環が良くなるとも言われています。

理想的な寝るときの姿勢

ベッドで熟睡している女性

いびき、口呼吸の人は横向き

仰向けで寝ると重力で舌が奥に沈んでしまい、いびきの元となる上に呼吸が浅くなり、睡眠の妨げになります。起きると喉がイガイガ、口の中が乾いているのは口呼吸のサインです。口呼吸の人も仰向けだといびきを掻きやすくなる為に横向きで寝ましょう。

首や腰に負担が掛からなければ仰向け

これは寝返りをスムーズにする為です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.