ビューティ情報『ダイエット中でも朝ごはんは食べよう!その理由とオススメ食材』

2019年10月19日 09:00

ダイエット中でも朝ごはんは食べよう!その理由とオススメ食材

ダイエット中でも朝ごはんは食べたほうがいいと言われますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか。今回は美容・健康ライターのNao Kiyota先生に、理由とオススメ食材を教えていただきました。朝食の役割を知って、より効果的なダイエットをめざしましょう!

目次

・ダイエット中でも朝ごはんを食べたほうがいいのはなぜ?
・エネルギーを消費しやすくなる
・昼食の食べ過ぎを防ぐ
・ダイエット中の朝ごはんで心がけること
・温かいものを食べる
・糖質をしっかりチャージする
・朝ごはんで食べたいオススメの食材
・ご飯食の場合
・パン食の場合
・食べる時間を最小限に抑えたいとき
・コンビニなどで手軽に用意できる朝ごはんメニュー
・ダイエット中こそ朝食をしっかり食べよう

和食の朝ごはん

ダイエット中でも朝ごはんを食べたほうがいいのはなぜ?

お皿

エネルギーを消費しやすくなる

朝食には内臓機能を目覚めさせ、体温を上昇させてエネルギーを消費しやすい状態に整える役割があります。また、脳のはたらきに必要な糖質をしっかりチャージすることで、全身への指令がスムーズになり、代謝アップにつながります。

昼食の食べ過ぎを防ぐ

朝食を抜くと昼食までにお腹が空いてしまい、昼食時に食べ過ぎてしまう傾向があります。一度に大量の食事をすると、消化・吸収のはたらきに負担をかけ、エネルギーとして素早く活用できません。同じエネルギーを摂取する場合でも、朝食と昼食に分けて摂り入れたほうが、よりスムーズにエネルギーとして消費しやすくなります。

ダイエット中の朝ごはんで心がけること

野菜スープ

温かいものを食べる

冷たい飲みものや食事ではなく、温かいものを摂取することです。特に味噌汁やスープがおすすめ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.