ビューティ情報『寝る前に食べても大丈夫?帰宅が遅くなったときの太りにくい食事法』

2019年10月26日 09:00

寝る前に食べても大丈夫?帰宅が遅くなったときの太りにくい食事法

帰宅が遅くなり、空腹だと眠れないから食べる。そして消化が大変で深く眠れないなんでいう経験はありませんか。今回は仕事をばりばり頑張るキャリアウーマンのために。帰宅が遅くなったときでも安心して食べることができる、夕食の取り方をご紹介していきます。

目次

・疲れているときほどお腹が空く理由
・身体の緊張を緩めて一息付くと食べたい衝動も収まる
・帰宅後すぐコップ一杯の常温水を飲む
・食べる前に部屋着に着替える
・睡眠を妨げない夕食の条件
・睡眠を妨げないおすすめの食材
・帰宅が遅くなった日の夕食は消化のよい食事を心がけよう

夕食の食材を確認する女性

疲れているときほどお腹が空く理由

疲れている女性

疲れているときほど、お腹が空きやすく食べたくなります。これは身体の疲れよりも、脳の疲れによって起こる衝動です。脳が疲れている、全身が重い時は体内の酸素量が少なくなっています。まずはここを解消して食べたい衝動を抑えましょう。関連記事
お腹が空いて眠れない!ダイエット中の「夜中の空腹」の対処法

身体の緊張を緩めて一息付くと食べたい衝動も収まる

自宅でリラックスする女性

帰宅後すぐコップ一杯の常温水を飲む

常温水は体内への吸収が最も早く、血流を良くして頭をスッキリさせると食べたい衝動を抑えやすいです。特にお酒も飲みたいというときも、この方法は大切なポイントになります。

食べる前に部屋着に着替える

アクセサリー類やストッキング、タイトな服装などで身体を締め付けていると脳も疲れます。締め付けるものを全て取り除き、全身が緩んだ状態で食事をすることは消化を良くすることにつながります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.