ビューティ情報『「太ってきた…!」原因と改善法を知ってスタイルをキープしよう』

2019年10月30日 09:00

「太ってきた…!」原因と改善法を知ってスタイルをキープしよう

鏡を見たときや体重計に乗ったとき、「あれ、太ってきた…!?」と感じる瞬間ってありますよね。太ってしまう原因や改善方法を知り、それを実践することで以前のスタイルに戻すことはできます。太ってきた自分を何とかしたい方へのヒントをお届けします!

目次

・太ってきたと感じるのはどんなとき?
・体重が増えたとき
・お腹のぜい肉が増えたとき
・太ってしまう3つの原因
・食事量の変化
・運動量の変化
・代謝の低下
・太ってきたときに注意したい体の変化や病気
・太ってきたと感じたときの改善方法
・食生活で工夫したいこと
・生活習慣で工夫したいこと
・太ってきたと気づいたときに早めに対処しましょう

お腹の脂肪

太ってきたと感じるのはどんなとき?

体重計に乗る女性

体重が増えたとき

一番多いのが「体重が増えた」と感じたときではないでしょうか。しかし、体重が増えたからといって、すぐに太ったと決めるのは早計かもしれません。500mlの水を一気に飲めば500g増えるのが人間の体です。水分量の変化や食事後のタイミングなど、1日のうちでも体重は1〜3 kgは変わります。

「今の体重」に一喜一憂しないよう、朝起きてすぐ(水分や食事を摂らず胃に何も入っていない状態)の時間など、ルールを決めて毎日同じ時間帯に体重を計ると良いでしょう。

お腹のぜい肉が増えたとき

体の部位で気になり出す部分は人によって異なりますが、お腹にお肉が乗っているのに気づき、太ったと感じる人が多いようです。女性は便秘になりやすいため、体脂肪が増えていなくてもお腹が張って、太ったように感じることがあります。毎日便通があるか、食事量に変わりがないかなどを確認しておくと、無用な心配をしなくて済むようになりますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.