ビューティ情報『内臓脂肪を減らしたい!適正な基準値や落とし方を専門家が解説』

2019年10月30日 09:00

内臓脂肪を減らしたい!適正な基準値や落とし方を専門家が解説

内臓脂肪が増えすぎると見た目に変化が現れるとともに、健康にも良くない影響を及ぼします。今回は、内臓脂肪の基準値や健康への影響、生活習慣で注意したいことから内臓脂肪の落とし方などを、管理栄養士でもある望月沙紀先生に詳しく教えていただきました。

目次

・内臓脂肪とはどんなもの?
・内臓脂肪の基準値はどのくらい?
・内臓脂肪が増えると健康にどう影響する?
・内臓脂肪が増えたときに意識したい生活習慣
・よく噛んで食べる
・質の良い睡眠をとる
・内臓脂肪の適切な落とし方
・摂取エネルギー<消費エネルギーにする
・運動量を増やす
・内臓脂肪を落とすときに気をつけること
・極端な食事制限をしない
・運動時はウォーミングアップ、クールダウンを行う
・内臓脂肪を落として健康的で美しい体に

内臓脂肪

内臓脂肪とはどんなもの?

お腹の周りについた脂肪

内臓脂肪とは、腹腔内の腸のまわり(小腸や大腸を支える膜など)に蓄積する脂肪のことです。エネルギーの一時的な貯蔵の役割があり、内臓への衝撃を和らげるクッションの役割も果たしています。

内臓脂肪が過剰に蓄積すると、下半身よりもウエストまわりが大きくなるため、「リンゴ型肥満」と呼ばれることも。また、過剰な内臓脂肪は血圧を上昇させ、血栓を溶けにくくするといった悪いホルモンを分泌します。

内臓脂肪の基準値はどのくらい?

ウエストを測る女性

内臓脂肪が蓄積し、高血糖、高血圧、脂質代謝異常が組み合わさることによって、メタボリックシンドローム(メタボ)に当てはまることになります。

メタボリックシンドロームの診断基準では、CTスキャンによっておへその位置で体を輪切りにしたときの内臓脂肪面積が100平方cmを超えている場合、また簡便な目安として、ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上が設定されています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.