ビューティ情報『妊娠初期のヨガについて!控えるべき場合や有効なポーズとは』

2019年11月22日 09:00

妊娠初期のヨガについて!控えるべき場合や有効なポーズとは

妊娠して初めてのヨガを行う前に、まずはチェック!ヨガを控えたほうがいい場合や、おすすめのポーズ・避けたいポーズなど、妊娠初期のヨガについて、ヨガインストラクターのHikaru先生に詳しく解説していただきました。

目次

・妊娠初期のヨガは控えたほうがいい?
・妊娠初期のヨガが有効な人
・妊娠初期に有効なヨガ
・期待できる効果
・回数や頻度は?
・妊娠後に初めてヨガをする人へアドバイス
・妊娠初期のヨガは慎重に

妊娠初期の女性がヨガを行う様子

妊娠初期のヨガは控えたほうがいい?

マットを持って歩く2人の女性

通常、マタニティヨガは認識13週目以降頃の安定期に入ってから行うように勧められると思いますが、妊娠初期に行うのを控えた方が良い理由があります。まず、妊娠初期は様々な理由で流産が多いこと、また悪阻があり体調が優れない妊婦さんが多い。

そしてエコーでも心臓がピコピコ動いているのを確認できると思いますが、この心臓や中枢神経ができる大事な時期であるため、できるだけ母体にも赤ちゃんにも負担なく過ごすことが大切です。いつもヨガを行なっている方も、何かあった時を考えお腹を圧迫するポーズや逆転のポーズは控えた方が良いです。

妊娠初期のヨガが有効な人

妊娠中のヨガを行う女性

妊娠初期のヨガが有効な方は、これまでに習慣的にヨガを行なっている方です。ヨガをしないことで逆に強いストレスを感じてしまうと良くないため、妊娠初期でも行える安全なポーズを行うと良いです。

その他にヨガをしたことがない方でも妊娠によるホルモンバランスの崩れで肩凝りや頭痛、眠れないなどの症状のある方にも有効です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.