ビューティ情報『だから効かない!「スクワット」で注意したいよくある3つの間違い』

2019年11月21日 09:00

だから効かない!「スクワット」で注意したいよくある3つの間違い

ダイエットだけでなくヒップアップにも効果的なエクササイズである「スクワット」。しかし、スクワットをしてもお尻の筋肉に効いた感じがしないという声もよく耳にします。そこで今回は、スクワットでよくある間違いについて詳しくご紹介していきましょう。

目次

・【間違い1】股関節からではなく膝から動かしてしまっている
・【間違い2】膝が内側に入ってしまっている
・【間違い3】背中が反り過ぎてしまっている
・スクワットの3つの間違いに気をつけよう

女性

【間違い1】股関節からではなく膝から動かしてしまっている

間違ったスクワット

よくある間違いとして真っ先に挙げられるといってもいいでしょう。スクワットを行った後、膝もしくは膝上に負担を感じる場合、このケースが考えられます。膝から先に動いてしまうと、画像のように横から見て膝がつま先よりも前に出てしまいます。

そうなると、お尻の筋肉である大殿筋に効かないばかりか、膝を傷めてしまう可能性が十分考えられるので気をつけましょう。関連記事
スクワットで効果的に痩せる!ダイエット向きの方法を解説

【間違い2】膝が内側に入ってしまっている

間違ったスクワット

これは女性の方に多く見られるパターンです。画像のように上体を下に下ろした際、膝がつま先よりも内側に入ってしまうとX脚を助長させてしまい、膝への負担が大きくなる上、下半身痩せ効果を妨げることになってしまいます。

【間違い3】背中が反り過ぎてしまっている

間違ったスクワット

このパターンは骨盤の前傾が強い方によく見られます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.