ビューティ情報『〇〇って体にいいの?悪いの?美容迷子にならないための方法2選』

〇〇って体にいいの?悪いの?美容迷子にならないための方法2選

2017年8月31日 08:50
 

こんにちは、コラムニストの愛子です。体に良いとされる食べ物にも悪い成分が含まれていたり、悪いと思っていたものに、意外といい成分も含まれていたりするのを知って、「結局何が体に良くて何が悪いの?」と、迷ってしまうことはありませんか?今回はそんな美容迷子さんの道しるべとなる方法をご紹介します。

目次

・体にいいの?悪いの?一長一短ある食べ物&飲み物
・方法1:体の声に従おう!
・方法2:汗をかいてデトックスしよう!
・「陰と陽」両面に気付くことが大切
〇〇って結局体にいいの?悪いの?美容迷子にならないための方法・2選

体にいいの?悪いの?一長一短ある食べ物&飲み物

1.マグロ
タンパク質が豊富。魚は体にいいとされていますが、水銀をたくさん含んでいるものが多いマグロは、子どもや妊婦さん、これから妊娠する可能性のある女性などは、摂取を制限するようにと言われています。(水銀:重金属の一種。水俣病の原因。)(※)

2.牛乳
タンパク質やカルシウムが豊富。しかし脂質や糖質量も多く、日本人には乳糖を分解するための酵素が少ないと考えられているため、あまり飲まないほうがいいとも言われています。(※)
牛乳のイメージ

3.海藻
海藻にたくさん含まれているヨード(ミネラル)が髪に良いことは有名です。また食物繊維も豊富なので、ダイエットや便秘解消などにも有効です。しかし海藻にはヒ素も含まれているため、過剰な摂取には注意すべきとも言われています。(ヒ素:重金属の一種)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.